ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

帝人、電池交換が不要な平面認証ビーコン「PaperBeacon」を開発

バッテリーの交換がビーコン設置上の大きな課題

2019年11月5日、帝人株式会社(以下、帝人)は、株式会社セルクロスおよび株式会社タグキャストと共同で、色素増感太陽電池(以下、同電池)を電源とする平面認証ビーコン「PaperBeacon(ペーパービーコン)」(以下、同ビーコン)を開発したと発表した。
ビーコンとは、「Bluetooth LE」という近距離通信により、スマートフォンなどの端末に情報を発信する機器で、GPSの届かない屋内でのナビゲーションや発信機付近の消費者に対する店舗情報の通知など、様々な用途で活用されているものの、バッテリーの交換が設置上の大きな課題となっていた。
このようななか、帝人は、電池交換が不要な同ビーコンを開発した。

平面認証ビーコン「PaperBeacon」の概要

帝人が2015年より展開している「ペーパービーコン」は、3次元空間に拡散するビーコンの信号を、独自開発した2次元シートにより「面」に制御して、デスクの隣同士に着席した際にも、混信を避けて位置情報を正確に発信できるが、約1年半ごとの電池交換が必要であった。
今回開発した同ビーコンは、室内照明でも発電可能なシャープ株式会社の同電池を電源に採用したビーコンモジュールと2次元通信シートを独自技術により一体化しており、電池交換が不要だ。
なお、同ビーコンを、プラス株式会社が提供している座席管理システム「Suwary(スワリー)」(以下、同システム)に対応させ、実証実験を開始した。同システムは、デスクを簡単にIoT化して予約管理ができるアプリで、オフィスにおいて様々な環境で活用することで、多様な働き方をサポートする。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

帝人 ニュースリリース
https://www.teijin.co.jp/news/2019/20191105_5433.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ