J-GoodTech新規登録はこちら

ワークスペースを検索・予約・決済できる「Dropin」の実証実験を本格開始

ワークスペースを検索・予約・決済できる「Dropin」の実証実験を本格開始

オフィスや自宅以外で働く場所を確保

2020年2月7日、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、外出先などオフィス以外の場所でスマートにワークスペースを確保できる「Dropin(ドロッピン)」(以下、同プラットフォーム)について、2020年2月より実証実験(以下、同実証実験)を本格化し、トライアル利用者およびワークスペース提供店舗の募集を開始すると発表した。
東京オリンピックの期間における交通混雑緩和や、災害やパンデミックが発生した際に、事業資産の損害を最小限にとどめるとともに、中核事業の継続あるいは早期復旧のためのBCPとして、場所にとらわれないリモートワークが注目されている。
しかしながら、オフィスや自宅以外で働くために利用したい店舗では、満席で利用できない場合があるうえに、公衆無線LAN(Wi-Fi)や電源の有無が分からないことなどがあり、必ずしも柔軟に場所を選べない現状だ。
このような課題を解決し、より気軽・自由に、働く場所を選ぶために、NTT Comは、同プラットフォームの開発を進めており、2019年12月より、ジェイアール東日本フードビジネス株式会社が運営する「BECK’S COFFEE SHOP」「5 CROSSTIES COFFEE」の一部店舗においてトライアルを実施した。
この結果が講評であったため、ワークスペースを提供する店舗の募集を、新たに開始することとなった。

「Dropin」の概要

同プラットフォームでは、iOSの専用アプリで、利用者が今いる場所近くにある店舗を検索し、店舗までの距離、公衆無線・電源の有無や、店舗形態・店内の雰囲気などの条件を指定して選ぶことができる。
また、予約人数と席の種類を指定して予約し、「経路表示」機能を利用して、地図を確認しながら店舗に行くことができる。
さらに、「チェックイン」機能で店頭のQRコードを読み取り入店して仕事を開始し、仕事を終了する際には、アプリの「チェックアウト機能」でQRコードを読み取り退店する。

本格実験の概要と今後の展開

同実証実験は、2020年2月7日~2020年3月31日の期間実施する予定で、実施店舗は、「BECK’S COFFEE SHOP」ほか、順次追加するとしている。
今後は、コワーキングスペースや貸し会議室などを提供する事業者と独自に提携し、ワークスペースの選択肢を増やすとしている。また、決済方法は、アプリ内決済や法人向けの一括請求支払に対応する予定だ。
さらに、AIやセンシングなどの最新技術を活用し、利用者の好みに適したワークスペースや、利用者同士がつながるコミュニティ機能を提供することも検討している。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NTTコミュニケーションズ株式会社 ニュースリリース
https://www.ntt.com/

すべてカテゴリの最新記事