ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

帝人、繊維複合材料を用いて折り紙のように折りたためる構造体を開発

軽量で、運搬や設置場所での展開・設置・撤収などが容易

2019年9月4日、帝人株式会社(以下、帝人)と帝人グループの株式会社ジーエイチクラフトは、FRP(繊維複合材料)を用いて、折り紙のように折りたたむことができる構造体「ORIBAKO(折箱)」(以下、同構造体)を開発したと発表した。
同構造体は、軽量であるため持ち運びが簡単で、設置場所において展開して設置し、使用後に撤収して保管することも容易に行える。
今後は、同構造体に様々な素材を活用し、天井にソーラーパネルを搭載してエネルギーを自給できる室内スペースや、密閉性が求められる輸送用のコンテナなど、幅広い用途に向けて改良を進めていくとしている。

構造体「ORIBAKO」の概要

同構造体は、FRP製のパネルとヒンジ(ちょうつがい)を貼り合わせた多面体の構造物だ。
同構造体のヒンジ部分には柔らかい樹脂を使用したFRPを用い、パネル部分は伸縮性や曲げに対する剛性が優れているため小さな箱物や簡易的な建造物など、様々な大きさ・形状の構造体を作製できる。
また、帝人独自のFRP技術を駆使し、パネル部分とヒンジ部分とを一体化させて段差のないシームレスな表面にすることで、気密性を確保している。
さらに、パネルとヒンジに用いる素材の組み合わせを変えて、吸音性、断熱性、衝撃吸収性や振動吸収性などの特性を調整できる。
(画像は帝人 ニュースより)

▼外部リンク

帝人 ニュース
https://www.teijin.co.jp/news/2019/20190904_3205.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ