ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヘルシー・エージング・システムの共同研究を開始

少しの血液で健康年齢が分かる画期的システム

国立大学法人東京大学、ソフトバンク株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社は、共同で「ヘルシー・エージング・システム」を構築するための共同研究を2019年8月から開始した。

このシステムは、長寿で健康な人を対象とするが、少量の血液を採取しどのような成分であるのかを分析。加えて生活サイクル、睡眠時間などのデータを元に解析するものである。

健康な人のデータを元に健康指針が確立されれば、生活習慣病予防に役立ち、長生きの秘訣も解明されると期待されている。

健康な人とそうでない人との差を解明

生活習慣病の重大性が認識されているが、近年個人の健康診断結果を元に、生活習慣病に罹る人の傾向が分かり始めている。

普段の生活において、食事、睡眠、生活パターンなどから生活習慣病とは無縁の健康な人との差を解明すれば、生活指導など対策が打てると考えられている。

また、長寿である人からのデータも集めることで、どのようにすれば健康で長生きできるかのヒントも探れるという目的がある。

なお、この研究は国際的な研究としても位置付けられており、日本同様に世界的な長寿国であるスウェーデン、イタリアとも連携することで、世界的な傾向も把握できる。

データ利用で展開される各社のサービス

東京大学は、健康な人から集められたデータを集計。ソフトバンクは、集計データを解析したり、AI開発の支援を行う。三菱UFJ信託銀行は、超高齢化社会に向けた人生設計に対応できる金融新商品やサービスの開発を目指す。

これにより、今後加速する少子高齢化で予想される、社会的問題の解決や予防に役立つと考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンクHP
https://www.softbank.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ