J-GoodTech新規登録はこちら

凸版印刷、非通電時に透明な調光フィルムの量産技術を確立

凸版印刷、非通電時に透明な調光フィルムの量産技術を確立

高い透明性のある空間とプライバシーを確保するセキュリティ空間を両立

2019年11月18日、凸版印刷株式会社は、通電によって不透明になる調光フィルム「LC MAGIC(エルシー マジック)リバースモード」(以下、同リバースフィルム)の量産技術を確立したと発表した。

同社が2016年6月より提供している調光フィルム「LC MAGIC」(以下、同従来品)は、スイッチ一つで透明と不透明を瞬時に切り替えることで、高い透明性のある空間とプライバシーを確保するセキュリティ空間を両立できるため、オフィスや商業施設などで多く採用されている。

しかしながら、通電時に透明になる同従来品は、窓や使用頻度が低い会議室など、透明で使用する時間が長い場所での用途では、余分な電気を消費していたうえに、停電や事故による電気遮断時にも不透明になるため、自動車や電車などの窓には使えなかった。

「LC MAGIC リバースモード」の概要

同リバースフィルムは、同従来品に比べて、信頼性を確保する上での技術的なハードルが高かったが、同従来品の開発以降研究を進め、量産技術を確立したとのこと。

同リバースフィルムの機能は同従来品と逆になり、透明時には電気を必要としないため、透明で利用する時間が長い場所に使用する場合に適しており、同従来品では採用が難しかった、自動車や電車などの窓での利用も期待できる。

また、会議や面談時はプライバシーを保ちつつ、普段は空間を広く感じさせたい会議室や、透明状態で使用する時間の長い窓やガラスのパーティションなどへの用途に適している。

なお、同リバースフィルムは約0.26mmと薄いため、簡単にガラスへ後貼りできる。
(画像は凸版印刷ニュースルームより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事