ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

川崎重工、日本海事協会などから「LPG燃料供給システム」の設計基本承認を取得

重油に代わるクリーンな燃料として注目されるLPG燃料

2020年2月5日、川崎重工業株式会社は、液化石油ガス(LPG)を舶用燃料(以下、LPG燃料)として使用可能にする「LPG燃料供給システム」(以下、同供給システム)の設計基本承認(Approval in Principle)を、日本海事協会(ClassNK)とアメリカ船級協会(ABS)から取得したと発表した。
LPG運搬船などにおいて、LPG燃料を使用すると、排気ガス中の二酸化炭素や硫黄酸化物などの排出量を削減できる。このため、国際海事機関(IMO)により各種排気ガス規制が強化されるに伴い、LPG燃料は、重油に代わるクリーンな燃料として注目されている。
このようななか、同社は、これまでLPG運搬船、液化天然ガス(LNG)運搬船やLNG燃料推進船の設計・建造と舶用エンジンの設計・製造で培った知見を活かして同供給システムを開発した。
今後も、地球環境にやさしい船舶技術を開発・提供し、低炭素社会の実現に貢献していくとしている。

「LPG燃料供給システム」の特長

同供給システムは、プロパンとブタンに対応でき、常温で使用可能な加圧液体状態で循環するシステムを採用している。
また、液化ガスのばら積運送船舶の構造及び設備に関する国際規則であるIGCコードに基づいたリスクアセスメントを実施することで、確立された高い安全性を有する制御システムを構築した。さらに、同供給システムは、LPG運搬船のほか、一般商船にも適用可能な機器構成となっている。
なお、ClassNKや関係主管庁の協力のもと、坂出工場において、国内初の同供給システムを搭載したLPG燃料推進LPG運搬船の建造を開始している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

川崎重工業株式会社 プレスリリース
https://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20200205_1.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ