ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ドリルの摩耗や加工状態を可視化することに成功

ファナック製ロボドリル向け

2019年12月24日、リコーインダストリアルソリューションズ株式会社は、ファナック製ロボドリル向け振動モニタリングシステムを発売すると発表した。

独自開発した振動センサーとコントローラを利用し、ドリル自体の摩耗状態や、加工状態を可視化することが可能となる。

これにより安定した設備稼働と、品質の低下を防ぐことができる。

高い周波数振動を検出することが可能に

従来の振動モニタリングシステムは、検知可能周波数が10KHz以下がほとんどであり、異常検出が限定的であった。

これに対し、本システムは、10KHz~96KHzまでに高い周波数帯の振動を検出することが可能になり、より多くの種類の加工異常に伴う振動を検出することができる。

また、振動をスペクトログラムで可視化することにより、正常時との違いが一目瞭然となるメリットがある。

工具の摩耗で起きる生産不良

加工機械もロボット化が進んでいるが、ドリルなどの部品が摩耗していることに気づかないことがある。

この状態になると製品に異常が出るため、交換時期となるが、いつから異常が出ていたのか、きちんと加工できていたのかなどの検証が必要になる。

当然、製品の検査が必要になるため余分な工数がかかることとなり、生産性が落ちる原因にもなる。

これらを未然に防止するための、有効なシステムとして期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

リコー
https://jp.ricoh.com/release/2019/1224_1/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ