ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本TI、競合製品より4倍の遠距離からクリアな音をキャプチャできるADCを発表

現在のスマート・ホーム・システムでは、騒音の大きい環境で音声コマンドを理解することが困難

2019年11月17日、日本テキサス・インスツルメンツ株式会社(以下、日本TI)は、競合製品と比較して距離が4倍離れた場所からもクリアな音をキャプチャできる新しいアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)である「TLV320ADC5140」(以下、同製品)を発表した。
現在のスマート・ホーム・システムでは、マイクの数と信号処理能力に制限があることより、騒音の大きい環境において、音声コマンドを受け取って理解することが困難だ。
このようななか、同社は、部屋の反対側からの音声でも良好にキャプチャできる同製品を発表した。

「TLV320ADC5140」の主な特長

同製品は、120dBダイナミック・レンジ・エンハンサ(DRE)を内蔵しており、システム・レベルで低音量のオーディオ信号を増幅すると同時に、スピーカー出力のすぐ近くであっても歪みの少ない録音を維持し、あらゆる環境で高音質なファー・フィールド録音が可能だ。
また、ダイナミック・レンジが106dBを超える、信号対雑音比の高い最新のマイクに対応するとともに、最大で4チャネルのアナログまたは8チャネルのデジタル・マイクロフォン(あるいはアナログとデジタルの組み合わせ)に柔軟に対応できる。
さらに、マイクロフォン・アレイの不整合を均等化するゲインおよび位相キャリブレーションなどのプログラム可能な機能や、プログラム可能なゲイン・アンプ、ハイパス・フィルタ、チャネル・ミキシング、リニア・フェーズ、超低レイテンシのデシメーション・フィルタなどの機能を装備している。
なお、内蔵機能を利用することで、デジタル信号処理の負担が軽減されるため、チャネルあたりの消費電力は48kHz時でわずか9.5mWである。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日本TI ニュースリリース
https://news.tij.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS