ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東北大学が、睡眠中の記憶固定メカニズムを解明

マウスの睡眠において、世界で初めてP波を確認

2020年1月24日、東北大学の研究グループは、マウスの睡眠時におけるP波の存在を世界で初めて発見したと発表した。
P波は睡眠中に脳波として観測されるものであるが、夢を見ている時間といわれるレム睡眠はマウスには無いと考えられていた。
なお、この発見により今までの通説が覆ることになる。

夢を見る時間と記憶固定の時間が存在する

人間を含めネコやラットには、レム睡眠とノンレム睡眠が存在することが知られているが、それぞれ夢を見る、覚醒時の記憶をリプレイする働きがある。
なお、睡眠時の脳内では、記憶に関する海馬と、人間の自律神経を動かしている脳幹が働いているが、レム睡眠とノンレム睡眠ではこの海馬と脳幹との神経伝達方向が逆転することが解明された。
なお、今後は脳幹から発生するP波と海馬から発生するリップル波の相互関係を解明し、睡眠時の脳の動きと役割が解明できると考えられる。

睡眠機能解明の可能性

これまでの研究では、レム睡眠もノンレム睡眠のどちらも記憶の定着に関連していると考えられていた。
今回の研究では、その定説が覆される結果となっている。
今後は睡眠における機能の解明や、生理機能への影響、記憶力の増強にも役立てられると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東北大学
https://www.tohoku.ac.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ