ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日本初コールセンター向けワンストップサービス運用開始

コールセンター向けワンストップサービス

2019年7月26日、日本瓦斯株式会社は、ブロックチェーンを活用したコールセンター向けワンストップサービスの自社開発成功と運用の開始を発表した。

電子政府と99%の行政サービスワンストップ化を推進するエストニアの技術である“X-Road”を日本で初めて取り入れ、ブロックチェーンと組み合わせ商用に実装した画期的な取り組みである。これを機に、日本瓦斯株式会社は様々なサービスのワンストップ化を推し進める計画だ。

エストニアのデータ連携基盤“X-Road”

日本瓦斯株式会社は、ICT先進国であるエストニアのデータ連携基盤“X-Road”にプラネットウェイ社が民間企業用にカスタマイズを行った「PlanetCross」を、国内の他企業に先駆けて運用を開始した。

これにより、低コストでのデータ交換基盤構築とデータ統合を可能とし、システム内に分散しているデータベースを短時間で統合させた。さらに、ブロックチェーンの活用で、各データベースのアクセス権管理および部外者の情報アクセス遮断を実現している。

同サービスの運用によって、安全なデータ共有が現実のものとなり、シェアード型コールセンターでの業務拡大が平易となった。また、コールセンター各社はオペレーターによるワンストップ対応が叶い、業務時間と教育時間の削減に繋がるとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本瓦斯株式会社
https://ssl4.eir-parts.net/doc/8174/tdnet/1734053/00.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ