ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

アライドアーキテクツが最新のWeChat活用事例セミナー開催

WeChat活用とミニプログラム開発の最新事例セミナー

2019年9月10日、アライドアーキテクツ株式会社は「インバウンドにおけるWeChat活用とミニプログラム開発の最新事例セミナー」の開催を発表した。対象となるのは、マーケティング施策においてWeChatを活用することを検討もしくは実施している企業としている。

1年後にオリンピックの開催が控える現在、インバウンド施策の重要度がますます増している。

そういった状況の中、利用者が月間10億人以上というコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」への対策が必要不可欠となっており、特に「ミニプログラム」という「WeChat(微信)」内で提供されるアプリに注目が集まっている。

WeChat最新活用事例の解説

同セミナーの登壇者は、叶志松氏(Tencent IBG)、張艶氏(モンスター・ラボ テクノロジー有限会社代表取締役社長)、鳥巣知得氏(ワンドット株式会社 代表取締役CEO上海万粒网络科技有限公司・董事长CEO)らとなっており、同セミナーでWeChat最新活用事例の解説が行われる。

加えて、アライドアーキテクツ株式会社グローバル事業部部長Vstar Japan株式会社代表取締役の番匠達也氏も登壇予定だ。

開催日時は2019年9月26日(木)15:00から17:00で、アライドアーキテクツ株式会社3階セミナールームにて行われる。定員は120名で、定員を超える申込があった場合は抽選となる。申込はホームページにて受付となり、参加費は無料だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アライドアーキテクツ株式会社
https://www.aainc.co.jp/news-release/2019/01926.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ