ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

関西電力など3社、ドローンを活用した水力発電所鉄管の点検に関する業務提携を締結

水力発電所鉄管内部の点検では相応の費用と時間が必要

2019年5月24日、関西電力株式会社(以下、関西電力)、株式会社NJS(以下、NJS)、株式会社環境総合テクノス(以下、環境総合テクノス)の3社は、国内外の水力発電所鉄管において、ドローンを活用した点検事業への参入を目的に、業務提携に関する契約を締結したと発表した。

関西電力は、電気事業法に基づき、約6年に1回、水力発電所の水圧鉄管では複数設置してあるマンホールを開け、余水管では水槽内部から目視点検している。

さらに、鉄管内部の錆や劣化状況などに応じて、鉄管内部に足場を組んで、調査員が目視確認したり、点検ロボットを搬入して点検を実施しているため、費用と時間が課題になっている。

ドローンを活用した水力発電所鉄管点検事業の概要

ドローンを活用した鉄管内部の点検では、水槽開口部からドローンを搬入し、遠隔操作で、ドローンの後方に設置したテールの先端部分を鉄管と常に接触させながら安定的に飛行させて、高速度カメラで動画を鮮明に撮影する。

この方法は、NJSが開発した下水道内などを点検するドローンを改良したもので、点検の安全性が向上するうえに、点検日数・費用を約50%以上削減できるとのこと。

さらに、より高品質で廉価な点検サービスを国内外で提供していくため、鉄管他の構造物の点検・調査・診断業務にノウハウを有する環境総合テクノスを加えた3社で、事業開始に向けた検討を進めていくとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

関西電力 プレスリリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0524_3j.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ