ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソニーが業界最高クラス完全ワイヤレス型ヘッドホン発売

完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』

2019年7月5日、ソニーは業界最高クラス(JEITA基準2019年6月1日調べ)ノイズキャンセリング性能を持つ完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』の発売を発表した。

『WF-1000XM3』は、周囲の騒音をカットし、ソニー独自のDSEE HX(TM)を用いてハイレゾ相当まで音質を向上させる、Bluetooth(R)対応ワイヤレスヘッドホンである。

ハイレゾの正式名称は、ハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio)で、CDよりも高解像度の音楽データを指す。原音をデータ化する際、CDの場合の情報量は「44.1 kHz/16bit」で、ハイレゾになると「96kHz/24bit」や「192kHz/24bit」といったクオリティが求められる。

ノイズキャンセリング性能の秘密

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」というソニーの完全ワイヤレス型用独自技術の搭載に成功し、少ない消費電力で効果的にノイズを低減する。

さらに、「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を利用してヘッドホン内外にセンサーを2つ配置したことで、高精度なノイズ集音を実現した。

動画や音楽の配信サービスや圧縮音源でも高解像度音源にグレードアップさせるDSEE HX(TM)を、ソニーが発売する完全ワイヤレス型イヤホンとして初めて搭載したことで、ワイヤレスでも高音質で音楽や動画を楽しむことができるようになった。

『WF-1000XM3』 高い機能性

本体の左右どちらにもタッチセンサーが搭載されており、周囲の音を聞きやすくする操作、ハンズフリー通話、ボイスアシスタントの起動などがタッチ操作により可能で、高い利便性を誇る。さらに、新型のBluetoothチップの採用で、動画視聴の際の映像と音声のズレも低減した。

フル充電で最長24時間再生することができ、10分間の急速充電でも90分間再生できる。

ソニーの最先端技術を搭載した新製品の商品名は「ワイヤレスノイズキャンセリング ステレオヘッドセット」で、型名は『WF-1000XM3』、カラーはプラチナシルバーとブラックの2色展開だ。市場推定価格は26,000円前後(税抜き)、発売日は2019年7月13日と発表されている。
(画像はソニーホームページより)

▼外部リンク

ソニー プレスリリース
https://www.sony.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ