ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

竹中工務店、飛来侵入虫が建物に入る前に除去する「バグフラッシャー」を開発

食品・医薬品製造施設などでの防虫対策

2019年6月27日、株式会社竹中工務店は、食品・医薬品製造施設などの害虫管理が求められる施設の建物開口部における防虫対策として、ユスリカなどの飛来虫の侵入抑制設備「バグフラッシャー」(以下、同設備)を開発したと発表した。

製品の安全・安心に対する関心が高まっているなか、食品や医薬品などへの異物混入の原因となる一つが、これらを製造する施設などへ虫が侵入することだ。

このため、同社は、施設の防虫に取り組んできており、歩行虫に有効な「バグバンパー」、飛来虫や歩行虫の両方に有効な「バグシールド」、チョウバエなどの排水系発生虫を吸引する「バグキーパーM」などを開発してきた。

「バグフラッシャー」の概要

今回開発された同設備は、「フラッシング」機能により、シャッターを開く前に、強力な風を送って付近の虫を吹き飛ばすことで、シャッターが開いた後に虫が侵入するのを減少させる。

また、「エアカーテン」機能では、外側に大きく張り出した風と内側の風から2層の流れを作り、「フラッシング」によって吹き飛ばされた虫の侵入を防ぐ。

なお、2003年に開発された防虫設備「エアフラッシャー」は、同設備と同様な機能を有していたが、モーター駆動のルーバーを用いていたため、「フラッシング」から「エアカーテン」に切り替える時間が約5秒かかり、その間に虫が侵入する弱点があった。

同設備では、モーターを用いることなく、最短約1秒で動作切り替えが可能な工夫を行い、大幅に機能を向上させたとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

竹中工務店 プレスリリース
https://www.takenaka.co.jp/news/2019/06/05/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ