ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

クボタ、業界初の自動運転農機「アグリロボ田植機NW8SA」を発売

田植え作業の省人化と作業効率の向上に貢献

2020年1月15日、株式会社クボタは、業界初の自動運転農機「アグリロボ田植機NW8SA」(以下、同田植機)を発売すると発表した。
少子高齢化に伴う労働者人口の減少や、農地委託、経営効率化のための農地集積等により、国内農業は営農規模の拡大が進んでいる。このため、担い手となる農家にとっては、人手不足への対応や作業効率の向上、省力化などが喫緊の課題となっている。
このようななか、同田植機は、オペレータとともに苗の補給などをサポートする補助者を必要としていた田植え作業の効率改善と省人化に貢献すると期待される。
さらに、すでに販売しているトラクタおよびコンバインとともに、稲作の主要な農機3機種で自動運転が可能となり、自動運転農機による一貫作業体系の構築が図られる。

自動運転農機「アグリロボ田植機NW8SA」の特長

同田植機は、最初に、ほ場の最外周を有人で走行してほ場マップを生成した後、ほ場マップに従って田植機が走行経路を自動計算し、無人で田植え作業を行うため、省人化や作業効率の向上を図ることができる。
この際、超音波ソナーを前方・側方・後方に合計8個装備し、ほ場への侵入者や障害物を検知すると自動で停止する。なお、有人・無人運転ともに、ボイスアラームを搭載し、注意ポイントを音声で知らせ、操作方法も音声でガイドするので、操作に不慣れな人でも安心して使用できる。
また、同社が提供する、ICTを利用した営農・サービス支援システムを活用することで、ほ場のどこにどれだけの肥料が必要かを可視化する施肥マップを作成し、最適な量を施肥することが可能になる。
さらに、機械の位置情報や稼働情報履歴、部品交換のタイミングをスマートフォンで把握できるサービス「MY農機」や、モバイル端末の操作なしに自動で作業日誌が作成できる「KSAS営農コース」を利用することができる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社クボタ ニュースリリース
https://www.kubota.co.jp/new/2020/20-04j.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ