ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

DNPが高級感のあるラミネートチューブを開発し販売開始

モノマテリアルにメタリック感を出すのは難しい

2019年9月12日、大日本印刷株式会社(DNP)は、モノマテリアルでありながら、メタリック調を実現したラミネートチューブを開発し販売したと発表した。
今までモノマテリアルを使用したラミネートチューブは、リサイクル性に優れるがメタリック調にすることが難しく、一般的な加工技術では高級感に乏しいものしかできなかった。
今回はDNPの持つアルミ蒸着技術とプラスチックフィルム積層技術を使い、高級感のあるチューブの実現に成功したわけである。

従来のモノマテリアルは輝度感が薄い

ラミネートチューブで金属感を出すには、ポリエチレン(PE)を基材とし、アルミ箔やアルミ蒸着ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルムを積層して作られていた。
一方、同じような構成のモノマテリアルであるPEに、アルミ蒸着PEフィルムを積層した製品は、輝度感、つまり光の反射が弱く、高級感を出せなかったため、メタリックとは言い難いものであった。
この光沢のあるラミネートチューブは、化粧品など高級感が求められる製品に最適で、日本のみならず東南アジアの大手メーカーから高く評価されており、2019年から採用されている。

今までのラミネートチューブはリサイクルしにくい

今まで主流であったラミネートチューブは、複数の素材を重ねあわせることで、保存性や強度を確保しているためリサイクルがしにくかった。
モノマテリアル、つまり単一素材にしたことでリサイクルが容易になり、年々厳しくなる環境汚染問題の解決に寄与できることとなる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

DNP HP
https://www.dnp.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ