ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東芝インフラシステムズ、非接触ICカードを利用した鉄道乗降実証実験に参画

福井県が公認する唯一の電子マネーカード

2019年11月5日、東芝インフラシステムズ株式会社(以下、東芝インフラシステムズ)は、株式会社福井銀行(以下、福井銀行)と株式会社福井新聞社(以下、福井新聞社)が地域活性化を目指して実施する、非接触ICカード「JURACA(ジュラカ)」(以下、同カード)を利用した鉄道乗降実証実験(以下、同実証実験)に参画すると発表した。

同カードは、福井銀行と福井新聞社が提供する地域密着型の電子マネーカードで、福井県の「ふるさと県民カード」第1号に認定された。同カードを提示すると、県施設の割引や優待も受けられるが、鉄道利用情報を記録する仕組みを持っていないため、鉄道を利用できなかった。

このようななか、東芝インフラシステムズは、鉄道での乗車券利用や定期券利用が可能となる改札システム(以下、同改札システム)を提供することとなった。

鉄道乗降実証実験の概要

同改札システムでは、ABT(Account Based Ticketing)と呼ばれる方式を採用しており、利用者が同カードを駅に設置された簡易改札機にタッチした瞬間にクラウドサーバと通信し、固有IDに紐づく乗車効力情報の参照・乗降情報の更新や運賃計算が行われ、簡易改札機に運賃等が表示される。

また、同実証実験は、福井鉄道の清明駅・福井城址大名町駅で、2019年11月8日から11月20日の期間実施される。なお、実証実験は関係者が所持する特定のICカードで行い、一般乗客は参加できない。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東芝インフラシステムズ ニュースリリース
https://www.toshiba.co.jp/infrastructure/news/20191105.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ