J-GoodTech新規登録はこちら

位置情報ビッグデータをAI解析し、性別/年代/曜日時間別の行動傾向を把握

位置情報ビッグデータをAI解析し、性別/年代/曜日時間別の行動傾向を把握

エリアマーケティングの実施と効果測定を一貫して実行

2020年01月06日、クロスロケーションズ株式会社は、位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」(以下、LAP)を利用している企業より要望の多かった新機能の提供を開始すると発表した。
LAPは、位置情報ビッグデータをAI解析して、消費者行動の分析と見える化を行うとともに、エリアマーケティングの実施と効果測定を一貫して実行できるプラットフォームだ。
一方、LAP利用者からは、近年の多様化する消費行動に対応して、顧客の潜在的なニーズやライフスタイルを理解し、販売促進活動や店舗イベント集客を高い効率で行うために、市場調査・顧客分析などを、デモグラフィック属性情報ごとに深掘りすることが強く求められていた。

新機能の概要

消費者の行動傾向を性別・年代別、曜日時間帯別でAI解析し、分析する新機能が追加され、属性ごとの実勢商圏・競合シェア率・買い回り傾向などの行動傾向が素早く把握できるようになった。なお、顧客データを保有しない店舗でもこの新機能を利用でき、性年代別ターゲットのタッチポイントを理解した上で最適なエリアを選択し、販売促進活動と効果測定を行える。
さらに、分析地点の登録を、CSVファイルでアップロードできる機能が追加された。このため、分析したい店舗を自由に登録して、解析結果をいつでも確認できるようになった。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クロスロケーションズ株式会社 プレスリリース
https://www.x-locations.com/news/20200106

すべてカテゴリの最新記事