ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

三菱マテリアル、車載用リチウムイオン電池劣化度診断技術の実証試験を開始

劣化度が小さいリチウムイオン電池は再利用可能

2019年8月29日、三菱マテリアル株式会社(以下、三菱マテリアル)は、ゴイク電池株式会社(以下、ゴイク電池)と共同で、車載用リチウムイオン電池を交換・廃棄する際の劣化度診断技術(以下、同診断技術)の実証試験を開始したと発表した

自動車の電動化により車載用のリチウムイオン電池が増加するに伴い、廃棄されるリチウムイオン電池も増加の一途をたどると予想されている。

一方で、劣化度が小さいリチウムイオン電池は、5G基地局や再エネ発電事業者用等の蓄電池として低コストで再利用できるため、これらの需要も拡大すると想定されるとのこと。

このようななか、三菱マテリアルは、短時間で正確に電池の劣化度を測定する画期的な電池診断技術を有するゴイク電池と共同で、同診断技術の検証を実施することとなった。

リチウムイオン電池劣化度診断技術の活用

同診断技術により、廃リチウムイオン電池の劣化度を適切に診断し、再利用可能な電池を活用することで、経済効果とともに資源の有効活用に貢献できるとしている。

今後は、事業化に向けて、高効率な電池診断技術の共同開発を推進していくとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱マテリアル プレスリリース
https://www.mmc.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ