ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

自動運転タクシーと自動運転モビリティを用いた空港から丸の内までのMaaS実証実験

成田空港/羽田空港から丸の内エリアの店舗までスムーズに移動

2019年10月9日、東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社JTB(以下、JTB)、株式会社 ZMP(以下、ZMP)の7社は、空港リムジンバス、自動運転タクシーおよび自動運転モビリティを連携させた都市交通インフラの実証実験(以下、同実証実験)を行うと発表した。
同実証実験は、空港から丸の内エリアの店舗までへのスムーズな移動を目指し、東京都事業で選定された『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に基づき、MaaS(Mobility as a Service)を活用して実施する。
なお、MaaSとは、ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通を含め、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)をシームレスにつなぐ、「移動」の新たな概念だ。

実証実験の概要

同実証実験では、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナル(以下、T-CAT)を空港リムジンバス、T-CATと丸の内パークビルを自動運転タクシーで結び、丸の内パークビル敷地内および丸の内仲通りの一部を自動運転モビリティで走行することで、スムーズな移動のサービスを提供する。
自動運転タクシーは、カメラやセンサーで周囲の環境や車両等を認識し、アクセル・ブレーキなどすべての運転操作をコンピュータが行い、自動で走行する自動運転車両であり、物流支援ロボットCarriRoや宅配ロボットCarriRoなどを開発しているZMPが開発する。
また、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供し、JTBがMaaSの概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行う。
一方、自動運転モビリティは、備え付けのタブレットで簡単に行き先を指定するだけで、目的地まで自律移動する一人乗りの移動パートナーで、ZMPが開発・運行する。
なお、空港リムジンバス-自動運転タクシーのMaaS実証実験は2019年11月18日(月)~同年12月1日(日)、10:00~17:00、空港リムジンバス-自動運転タクシー-自動運転モビリティのMaaS実証実験は2019年11月18日(月)~同年11月22日(金)、11:00~15:00の期間実施する。
同サービスを利用できるのは、ウェブで申込後、抽選により予約可能となった人で、利用日当日は専用アプリを用いてリムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティへ乗車できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京空港交通 プレスリリース
https://www.limousinebus.co.jp/news/news20191009.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ