ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ウェアラブルIoTで健康管理できる「みまもりがじゅ丸」がNETISに登録

システムについて

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下NTTPC)の「みまもりがじゅ丸」が、国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)へ登録された。ウェアラブルIoTと呼ばれる、身に付けるタイプのインターネットデバイスにより安全や健康を集中管理するシステムである。

近年温暖化影響の猛暑により、建設現場などで業務中の人が熱中症になるケースが増えている。

常にこの「みまもりがじゅ丸」で脈拍を監視し、位置情報を自動で伝えることで、いざというときの不調にも対応できるものとなっている。

いままでの対応として

今まで、建設現場での体調管理と言えば、朝礼や昼食時の点呼のみで常に体調を監視している形では無かった。

本人への体調確認でも、「大丈夫」という言葉を信用するのみで、本人任せになっている部分がほとんどであった。

結果として、熱中症により急変した場合は手遅れとなり、重篤な状態になったり、命を落とすことも。

あまり知られていないことだが、熱中症は脳梗塞や血栓による肺閉塞などを引き起こす場合があり、一生寝たきりになることも多い。

このような最悪の事態を回避するためにも、体調に異変が起きた場合にいちはやく気づくシステムが必要となる。

システム運用について

現場作業者は、リストバンド型の脈拍センサーを付け、作業に従事するが作業者の脈拍を常に電波で発信し、その情報をインターネットを通じてGPSによる位置情報として管理される。

取り付けている間の平均脈拍数を算出し、熱中症や体調不良による急激な脈拍の変化を感知し、アラートとして現場監督者に通知が行くようになるわけである。

いざ倒れて意識が無くなっても、位置の特定も簡単であるため、発見も容易で救急隊への引き渡しもスムーズに。

結果、命の危険や後遺症のリスクを減らすことができると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTPCコミュニケーションズHP
https://www.nttpc.co.jp/press/2019/07/201907251500.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ