ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

住友ゴム工業と関西大学、静電気を利用したタイヤ内部発電技術を共同開発

デジタルツールを用いた新たなソリューションサービスを展開

2019年7月23日、住友ゴム工業株式会社は、関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術(以下、同技術)を開発したと発表した。

同社は、タイヤ技術開発コンセプト「Smart Tyre Concept」を掲げ、デジタルツールを用いた新たなソリューションサービスの展開を目指している。

このようななか、同教授の研究「摩擦帯電センサを用いたインテリジェントタイヤの開発」が、2018年10月に、国立研究開発法人科学技術振興機構の研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)シーズの育成タイプFSに採択され、同機構の支援を受けながら開発を進めてきた。

なお、A-STEPは、大学・公的研究機関等で生まれた研究成果を基にした実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラムで、実用化の可能性を検証する初期フェーズから、企業化開発を実施する後期フェーズまで、複数の支援タイプがある。

静電気を利用したタイヤ内部発電技術の概要

同技術は、正および負の帯電フィルム層を電極層とゴム層で挟んだ積層構造の発電デバイスをタイヤの内側に取り付けた構造になっており、タイヤが回転し設置面が変形することによって発生する摩擦帯電現象を応用したものだ。

このため、同技術は、タイヤ内側に取り付けるTPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)など、各種デジタルツールの電源として活用できると期待されるとしている。
(画像は住友ゴム工業公式ホームページより)

▼外部リンク

住友ゴム工業 ニュースリリース
http://www.srigroup.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ