ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

TISら PDSでレストランレコメンド高度化実証実験

レストランレコメンド高度化の実証実験

TIS株式会社(以下、TIS)は、「パーソナルデータストア(PDS:Personal Data Store)」を用いてレストランレコメンド高度化の実証実験を実施することを発表した。
同実証実験は、株式会社デジタルガレージ(以下、DG)、株式会社クレディセゾン(以下、クレディセゾン)の2社と共同で、2019年11月から2020年1月に行う予定だ。
目指すのは、「個人のベネフィット」のための情報活用と、情報銀行(情報利用信用銀行)のビジネス展開だ。情報信託に関しては、2018年5月総務省より指針が発表されている。

閲覧履歴と行動履歴のデータ提供

PDSとは、他社・自社の区別無く、個人データの蓄積・管理するためのシステムを指す。同実証実験では、“体験の質”に注目し、許諾を得た個人情報の提供により、提供したユーザーに対してサービスの向上が可能かどうかを検証する。
PDSを利用することにより、従来の方法よりも、それぞれのユーザーの好みに合致したレストランレコメンドを行うことができるとしている。
同実証実験の対象となるのは、クレディセゾンの社員である。スマートフォン用のアプリを用意し、対象者が閲覧履歴と行動履歴のデータ提供する。さらに、レストランでとった食事の写真もアップロードすることで、個人の食事のバランスをデータ化し、その結果、受けられるレコメンドは有益かどうかを検証する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ