ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ブリヂストンが、タイヤの軽量化と転がり抵抗の低減を両立する技術を開発

エコタイヤが更に進化する技術

株式会社ブリヂストンは、2019年9月3日に3次元シミュレーションの活用により、タイヤの重量と転がり抵抗を減らす技術「Enliten:エンライトン」の開発を発表した。
この技術により運動性能や耐久性を維持しながら、タイヤを構成する部材を減らすことを可能とした。
具体的な数値では同サイズのタイヤと比較し、重量比2割減、転がり抵抗比3割減となっている。

タイヤは軽くて抵抗が少ない方が燃費が良くなる

現在の自動車には、地球環境の悪化を抑制するために、CO2の排出量を削減することが求められている。
これは同じ燃料でも長く走れること、つまり、燃費がいいということであり、結果としてCO2を含む排気ガスの量が減る。
この燃費には、車体の空気抵抗、エンジン特性などいろんな要素が関係してくるが、タイヤが軽いと燃費が良くなる。
例としては、重い靴と軽い靴では、軽い方が疲れにくく同じ体力でもより遠くまで移動できるのと同じである。
同時に、タイヤには転がり抵抗と呼ばれるものがあるが、これも小さいほど燃費が良くなる。
これは夏タイヤとスタッドレスの関係が分かりやすいが、夏タイヤの方が転がり抵抗が少ないため燃費が数キロ良いという結果として表れる。

転がり抵抗を減らしすぎるとスリップしやすい

転がり抵抗を減らすというと聞こえはいいが、滑りやすいということである。
各タイヤメーカーは転がり抵抗を減らし燃費を良くするが、スリップしにくくするため材質を変えたりして工夫している。
今回の技術は、制動時のタイヤの変形による接地形状を最適化することで、安全性を保てるようにしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブリヂストンHPより
https://www.bridgestone.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ