ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

公衆電話ボックス設置型Wi-Fiアクセスポイントへの非常用電源設置の実証実験

停電時における屋外での訪日外国人を含む被災者の通信手段を確保

2019年9月24日、静岡県袋井市、日本電信電話株式会社(以下、NTT)および西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)は、同市が提供している公衆無線LANサービス「FUKUROI Free Wi-Fi」のうち、公衆電話ボックスに設置しているWi-Fiアクセスポイントに対し、非常用電源を設置する実証実験(以下、同実証実験)を実施すると発表した。

近年、台風・豪雨・地震等の自然災害が頻発している状況において、災害対策や、停電時の訪日外国人を含む被災者に対する屋外での通信手段の確保が重要な課題になっている。

このようななか、NTTグループは、防災関係機関からの「訪日外国人にとって被災時にWi-Fiを利用した情報収集が重要」との意見に基づき、公衆電話ボックスに設置しているWi-Fiアクセスポイントの停電時の運用について検討を進めている。

一方、2019年9月28日(土)からラグビーワールドカップ2019を迎える同市では、スタジアム最寄りの東海道本線・愛野駅前にある公衆電話ボックスに、Wi-Fiアクセスポイントを整備しており、多くの訪日外国人が観戦時にWi-Fiを利用すると想定される。

実証実験の概要

同実証実験は、同市愛野駅南口駅前広場に設置された公衆電話ボックス内に、非常用電源(リチウムイオン電池)を設置し、耐候性・運用性について、2019年9月28日(土)から3ヶ月程度検証する。

なお、NTT西日本は公衆電話ボックススペースを貸出し、NTTは非常用電源の設置と実証実験のとりまとめを行う。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NTT ニュースリリース
https://www.ntt.co.jp/news2019/1909/190924a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ