ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NECなどが光ファイバーを利用した実験を実施

既存の光通信ネットワークを利用

2019年10月8日、日本電気株式会社とアメリカにあるベライゾンは共同で、光ファイバネットワークの新たな利用方法についての実証実験を行うと発表した。

ベライゾンが敷設保有する、数10万マイルにも及ぶ光通信ファイバーを用い、アメリカにて実験が行われる。

この技術の最大の特徴は、既存の光ファイバーを利用できるところであり、スピーディーな展開が可能である。

道路の渋滞、車の速度、温度などが分かる

この実験では、既存の光ファイバーケーブルに、統合探査装置を取り付けることで、後方散乱光の特性を感知する。

これにより、ケーブル間の光の歪みにより、振動、音、温度の感知および計測が可能となる。

従来の方式では、センシング用の光ファイバーを新たに、しかも地表近くに設置する必要があり、コストも時間もかかるためシステムを拡大できなかった。

これらの問題が一気に解決するため、システムのスムーズな拡大が期待される。

交通状況のモニタリングに活用

目的としては主に、道路の渋滞状況、車両の進行方向とスピード、加速や減速を測定する交通モニタリングとして使われる。

橋やトンネルなどにも応用されるが、インフラ劣化検知や犯罪対応にも利用可能であるため、拡大用途が見込める。

光ファイバーの新しい活用方法として期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC HP
https://jpn.nec.com/press/201910/20191008_02.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ