J-GoodTech新規登録はこちら

五洋建設、BIMモデルを用いたプレキャスト工事統合施工管理システムを開発

五洋建設、BIMモデルを用いたプレキャスト工事統合施工管理システムを開発

BIMモデルを活用して建築工事を統括管理

2019年12月16日、五洋建設株式会社(以下、五洋建設)は、「プレキャスト工事統合施工管理システムPiCOMS-PCa」(以下、同管理システム)を開発し、2019年9月より「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事」(以下、同新築工事)で運用を開始したと発表した。
同社は、「BIMモデル」(以下、同モデル)を活用して建築工事を統括管理する「五洋建設統合施工管理システム」を開発しており、同管理システムは、その最初の取組となる。
なお、同モデルは、Building Information Modelingの略称で、コンピューター上に作成した3次元建物のデジタルモデルに、コスト・仕上げや管理情報などを追加した建築物のデータベースを、建築の設計・施工から維持管理まで活用するためのソリューションだ。同モデルを活用することで、建築ビジネスの業務が効率化され、ビジネスとデザインが革新されるとのこと。

「プレキャスト工事統合施工管理システムPiCOMS-PCa」の特長

同管理システムでは、超高層建物でのプレキャスト(以下、PCa)工事において、製造・取付の情報を工事関係者間でリアルタイムに共有して、進捗状況を統括管理する。
このため、作業員はBIMの専門知識や専用の機器が不要で、簡便な操作性により工事関係者全員で活用でき、指示・報告等の管理業務量が従来の半分程度に削減される。
なお、PCa工法とは、建物の基本となる部材を最新設備の整った工場で製造した後、現場へ持ち込み躯体を組み立てる工法だ。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

五洋建設株式会社 ニュースリリース
http://www.penta-ocean.co.jp/news/2019/191216.html

すべてカテゴリの最新記事