ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

Clincで、J-coin Payを操作可能に

音声インターフェースで操作が出来る

2019年8月27日、株式会社みずほ銀行と株式会社NTTデータは、音声インターフェースの共同実験を2019年8月から開始すると発表した。

この音声インターフェースは、アメリカミシガン州に本社を構えるClinc社の自然言語処理技術を活用したものである。

なお、この実験は金融サービスのグローバル化を視野に入れた、多言語に対応することを目的としている。

実証実験で言語認識の精度向上を目指す

現在の金融機関システムは、店頭窓口での人による対面対応、コールセンターでの対話対応、スマホなどの端末操作が代表的である。

今回の実証実験は、金融機関側の人間が対応する部分や、利用者が端末操作していた部分を音声に替えて行うものである。

現在でもスマホの音声認識アプリが利用されているが、これを金融機関のサービスに応用するわけである。

今回は「J-Coin Pay」の操作に限定されるが、言語の認識レベルや操作性を中心に検証が行われる予定。

端末操作よりもストレスを感じなくなるメリット

現在の金融機関では、人員削減の観点から、機械を顧客自身が操作することが当たり前のようになっている。

しかし、顧客がATMなどの端末操作をする場合、使い方が分からず非常にストレスに感じることが多々ある。

今回の実験では、操作するより会話する形に近くなるので、ストレスを解消できるメリットがあると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTデータ HP
https://www.nttdata.com/jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ