ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

北海道大学などが、咀嚼と血糖値の関係を発見

咀嚼による血糖値の調節効果は朝と夜で異なる

2019年11月25日、北海道大学大学院教育学研究院と札幌国際大学スポーツ指導学科は共同で、咀嚼回数とインスリンの分泌量が、朝と夜で異なることを発見した。
朝に咀嚼を多く行った場合血糖値が低くなることが分かり、食後のインスリン分泌と関連することが解明された。
なお、夜で咀嚼回数が少ない場合は最も血糖値が高くなったことから、食事の時間と咀嚼の回数は血糖値の上昇に密接に関係していることが裏付けされた。

咀嚼運動がインスリン分泌を上昇させる

咀嚼回数だけを取ってみると、一口10回の咀嚼と、40回の咀嚼では、後者の方が食後血糖値の上昇が緩やかというデータが確認された。
これは、咀嚼回数が多ければ多いほど、インスリンの分泌量が上昇することを意味しているが、咀嚼運動そのものが関係している。
この関係性には、まだ追加研究が必要であるが、咀嚼することにより脳が刺激を受け、すい臓にインスリンをたくさん出すように指示を出した結果と考えられる。

よく噛まないと太る?

昔から「よく噛まないと太る」といわれてきたが、この傾向はいくつかの研究により正しいことが証明されている。
現代では、2型糖尿病に罹る人が増えており、投薬療法や食事療法で治療することが推奨されてきた。
食事の際の咀嚼回数を増やすことが、糖尿病の予防や治療に効果があることが実証されたことにより、治療の指導方法も変わると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/2019/11/post-596.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ