ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

光学顕微鏡と電子顕微鏡を連携し、アスベストを同定するソリューションを提案

健康被害が生じる可能性があるアスベスト

2019年8月22日、日本電子株式会社(以下、日本電子)と株式会社ニコン(以下、ニコン)の子会社、株式会社ニコンインステックは、アスベスト(石綿)を同定する「アスベストCLEMソリューション」(以下、同ソリューション)を提案すると発表した。
アスベストは、天然にできた鉱物繊維の総称で、主に建材として使われてきたが、吸引することにより健康被害が生じる可能性があるため、2006年より製造、使用等が禁止されている。
このため、2006年以前に建築された建物の解体、改修工事をする際、アスベストの使用の有無について、専門家による正確な事前調査が法令に基づき求められており、調査対象となる解体等の工事件数は2028年ごろには年間約10万棟になると予想されている。

「アスベストCLEMソリューション」の概要

CLEM(Correlative Light & Electron Microscopy、光電子相関顕微法)とは、光学顕微鏡により得られる座標情報や分子の局在情報と、電子顕微鏡により得られる微細構造や元素の情報を相関させ、効果的に観察・分析する方法だ。
同ソリューションでは、分析対象となる繊維をニコンの光学顕微鏡で見つけてマーキングし、日本電子の電子顕微鏡でソフトウエアによる元素分析を実施する。
また、同一サンプルを用いて光学顕微鏡と電子顕微鏡で形態観察、計数、元素分析を行うことにより、さまざまな鉱物や繊維が混在する試料でも、より正確に同定して、アスベストを効果的に分析調査できるとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日本電子 ニュースリリース
https://www.jeol.co.jp/news/detail/20190822.3515.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ