ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

北海道大学が、関節の炎症原因を解明

軟骨細胞に存在する炎症アンプが関係

2020年1月15日北海道大学は、軟骨細胞に存在する炎症アンプが、関節リウマチや変形性関節症の発症に関係していることを発見した。
なお、炎症アンプとは、血管内皮細胞や線維芽細胞といった非免疫細胞における炎症誘導機構のことであり、炎症が引き起こされ慢性化することが知られている。

炎症アンプの一部に治療効果がある

炎症アンプは、炎症性サイトカインやケモカイン、増殖因子などを大量に発生することが知られており、組織の恒常性を破綻させる。
このアンプには、遺伝子の一つであるTMEM147が軟骨細胞に発現し、悪化させていることを解明した。
同時に、マウスを用いた実験では、抗TMEM147抗体を投与したところ、関節炎の症状が抑制されたことが確認でき、有効性があると考えられる。

関節リウマチは、自分を自分の免疫機能で攻撃する病気

関節リウマチは、関節が変形し動かなくなる病気であるが、未だに有効な治療方法が無い。
理由は、外部からの菌やウイルスの侵入によるものではなく、自分自身の免疫機能の異常によるものであるからだ。
近年、自己免疫を攻撃しないように抗体を投与することで、特効薬になると考えられているが、臨床試験の段階である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/01/post-611.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS