ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

EVを活用したエネルギーコスト・CO2削減トライアルの夏季実証結果を発表

CO2排出量の多いガソリン自動車からEVへのシフトが加速

2019年9月26日、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)と株式会社NTTスマイルエナジー(以下、NTTスマイルエナジー)は、日産自動車株式会社(以下、日産)と協業し、電気自動車(以下、EV)を活用したV2Bによるオフィスビルでのエネルギーコスト・CO2削減トライアル(以下、同取組み)を2018年12月から開始し、夏季ピークカット実証(以下、同実証)により、電力料金等の削減効果を確認したと発表した。
地球温暖化により、気候変動や海面水位の上昇など人間の生活や自然の生態系に及ぼす影響が懸念されており、温暖化の主な原因であるCO2を削減する観点から、再生可能エネルギーの利用や、CO2排出量の多いガソリン自動車からEVへのシフトが加速している。
このようななか、日産は、2010年に電気自動車「日産リーフ」の発売開始以来、日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」の活動を通して、ゼロエミッション社会実現に向けて積極的に取り組んでいる。また、NTTグループは、保有している一般車両を2030年までに100%EV化することを宣言している。

主な取組みと実証結果の概要

同取組みでは、カーポート型太陽光発電システムで発電した電気をNTT西日本 山口支店オフィスビルで自家消費し、発電状況や電力使用状況に応じて、クラウドからEVや定置型蓄電池を遠隔制御(充放電)し、エネルギーコスト削減やCO2削減等の有効性を検証する。
同実証では、電力会社からの買電量実績に基づく買電量予測と日射量予測に基づく発電量予測からオフィスビルの消費電力量を予測し、これよりピーク時間帯を割り出して、EVから放電するスケジュールをV2Bに登録する。さらに、スケジューリングされた時間にEV(3台同時)から放電し、ピークカットを実施する。
なお、V2Bとは、「vehicle to building」の略で、自動車とビルの間で電力相互供給する技術やシステムの略称だ。
同実証を実施した結果、1日の予測精度は89%、ピークカット時間帯(9時~15時)に限れば94%で、ピーク時間が予測できていることから、概ね精度よく予測できた。
また、自家消費により6.6kWh、EVからの放電により7.5kWhを削減し、トータル14.1kWhのピークカット効果を確認したとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NTT西日本 ニュースリリース
https://www.ntt-west.co.jp/news/1909/190926a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ