ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

KDDIグループとセコム、5Gを活用したスタジアム警備の実証実験に成功

大規模なイベントにおいて、異常の早期発見に高まる期待

2019年8月19日、KDDI株式会社(以下、KDDI)と株式会社KDDI総合研究所(以下、KDDI総合研究所)、セコム株式会社(以下、セコム)は、東大阪市の協力のもと、東大阪市花園ラグビー場(以下、同ラグビー場)周辺において、第5世代移動通信システム「5G」(以下、5G)を活用し、AI・スマートドローン・ロボット・警備員が装備したカメラによる、警備の実証実験(以下、同実証実験)に成功したと発表した。

国際的なスポーツ大会や会議などの大規模イベントが開催される際には、不測の事態が発生するのを防ぐために、より厳重なセキュリティ対策が求められる。

このようななか、死角を減らし広域を監視できるシステムや、高精細なカメラ映像を用いたリアルタイムな監視体制など、異常を早期発見できる警備システムに期待が高まっている。

実証実験の概要

同実証実験では、同ラグビー場周辺で、警備エリア全体を監視するKDDIのスマートドローン、セコムの自律走行型巡回監視ロボット、および警備エリア内を監視する警備員がカメラを装備する。

それぞれのカメラで撮影した4K映像は、5Gを経由してセコムの移動式モニタリング拠点「オンサイトセンター」(以下、同センター)へ伝送され、KDDI総合研究所が独自に研究開発した行動認識技術を活用して人物を検出する。

さらに、検出した人物の18カ所の骨格点を深層学習により抽出し、骨格の動きから人物の詳細な動きを認識し、異常があると、同センターの管制員が、警備員とロボットへ現場急行を指示して対処する。

2019年8月16日に実施した同実証実験では、異常の早期発見が可能で、緊急に対処できることを実証したとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

KDDI ニュースリリース
https://news.kddi.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ