ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

新技術「環境DNA」で生態系の研究 福岡工業大学

バケツ1杯の水から生物を調査

福岡工業大学の社会環境学部・社会環境学科の乾隆帝(いぬいりゅうてい)准教授の研究室において、2019年度内で「環境DNA」による分析を用い、気候変動が魚類の生息分布に与える影響について研究を行うことが発表された。

環境DNAとは、ここ10年程度で研究が進められている新技術だ。

海や川の中にどの生物がどれくらい生息しているのかということは、水中を隈なく調べなければならず、実際の状況を反映した正確なデータを取ることは非常に困難であった。

環境DNAによる調査では、海や川の水に含まれる魚などの生物のフンや、皮膚、分泌物の微細な破片に着目し、それらに含まれるDNAを分析する。

生物は種ごとにDNAの配列が異なるため、水に含まれる様々な破片からその場所にどんな種の生物がいるのかを特定する。

加えて、含まれるDNAの量から生物の密度も分析できるという。これらはおよそ1リットルの水を汲むだけでサンプル採取が可能なため、従来の方法よりも少ない時間と労力で生息状況を把握できるようになった。

また、生物分布はこれまで対象生物を実際に現地で採取し予測を行っており、網などで採集する方法では困難であった警戒心が強く観察しにくい生物の生息の有無が分かり、絶滅危惧種の発見などにも役立っているという。

気候変動による影響をデータ化

今回の研究では、山口県・島根県にある小瀬川、佐波川、高津川をフィールドとし、様々な種類の魚類の行動や生態の追跡や、川に網羅的に水温ロガーも設置する。

それにより推測でしか考えられてこなかった地球温暖化による生物の生息分布や資源量の変化について明確なデータで答えを出していくことを目指すという。

今後この研究を応用することで、気温変動によってどんな生物が絶滅危惧種となるかも予測可能になり、生態系保全の枠組みを変える可能性も秘められている。

なお、この研究は2019年度から文部科学省の科学研究費助成事業に内定しているという。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

福岡工業大学 プレスリリース
http://www.news2u.net/releases/166271?ref=rss

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ