ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOと東京工業大学がナノスケールVRの制御方法を開発

目で見えない構造物を操作

2020年1月27日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と国立大学法人東京工業大学は共同で、ナノスケール構造体に対応したVRの開発を発表した。
DNAオリガミとよばれる、2次元、または3次元の人工DNA鎖を仮想分子としてVRにて表現することで、手で操作が可能になった。
実際には目で見ることができない微小管や分子人工筋肉、または創薬の研究開発に応用ができる。

仮想分子をサイバー上に創り出す

この研究では、コンピューターシミュレーションにより、仮想空間をサイバー上に創り出すことができる。
市販のVRカメラを用いて、自分の手をVR空間上に操作ハンドとして表示することができるため、仮想分子の操作が可能になる。
これにより目の前の仮想分子をつかむことができ、どのようにどの方向に力を加えればいいのか、どのように変形するのかがその場で確かめられる。

VRを長時間使うと酔う?

VRは今では5G回線を利用することで、遠隔地からの操作が可能となり、手術などに応用されるケースが期待されているが、遠隔操作により手の動きと実際のハンドの動きにズレが生じる。
これは今までも問題点とされていたが、実際の手の動きと脳の認識が一致しないことによる、船酔いに似た「VR酔い」が生じてしまい長時間の操作が難しかった。
今回は、手の動きに対する仮想ハンドの動作遅延に対しても、予測制御技術を用いることで遅延時間を無くし、動作を一致させることができた。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDOなど
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101280.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS