ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

TISが製造業購買業務をサポートするサービスに新機能を追加

不良率、納期割れなどを管理する機能が追加される

2019年9月19日、TISインテックグループのTIS株式会社は、既存の「LinDo購買クラウドサービス」に新たな機能を追加したと発表した。
このサービスは既に、TIS株式会社から製造業向け購買業務サービスとしてリリースされているもので、今回はアップグレードとなる。
なお、このサービスは既に製造業30社以上で利用されており、最小のシステム構成であれば月額30万円からスタートでき、必要に応じて機能追加できるという点が特長である。

既存サービスにサプライヤー品質管理機能が追加される

既存の調達購買業務である「LinDo購買クラウドサービス」としては、見積もり関連、購買関連、サプライヤーへのアンケート機能がリリースされている。
今回は、「サプライヤー品質管理機能」として、不良率、納期割れ、認証資格管理を追加し、よりサプライヤーの管理把握がしやすくなる。
これにより、サプライヤーのスコアリングを可能とし、優良であるかそうでないかのランク付けにも役立つ。

製造現場では部品の品質や供給力が重要要素である

車や電子機器などは単一の部品で出来上がる訳ではなく、サプライヤーから供給されるたくさんの部品を組み合わせて構成され、最終製品となる。
仮に、供給における納期割れが発生した場合は、最終製品の納期も遅れることとなる。
構成部品の不良率が高かったりした場合には、販売後に改修することも考えられ、最悪はリコールと言う形となって現れる。
メーカーとしての社会的信用も落とすことになるため、サプライヤーの管理も必要となる訳である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TIS HP
https://www.tis.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ