ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

増殖ウイルスを撃退する、植物の防御機能を発見

農薬が効かないウイルスが存在する

2019年9月27日、農研機構と国立大学法人佐賀大学の共同チームは、植物が本来持つ防御機能に発見されないよう細胞内に隠れ家を作るウイルスが存在すると発表した。
なお、このウイルスからの感染を防ぐため、植物はRsv4と呼ばれるタンパク質作り出していることも発見した。
これにより、ウイルス感染に強い農作物品種の開発に役立つと考えられている。

ダイズなどで検証し有効性を確認

ダイズには、ダイズモザイクウイルス抵抗性遺伝子(Rsv4)から作られる、Rsv4タンパク質が存在する。
このタンパク質は、ウイルスの隠れ家を見つけウイルスゲノムを分解し、感染を防いでいることが分かった。
この仕組みを応用し、トマトのトマトモザイクウィルスやキュウリのキュウリモザイクウィルスでも同様に、ゲノム分解する人工タンパク質を作り、投与したところ、ウイルスの増殖を抑えることに成功。
これにより、様々な農作物を含む植物に対して、ウイルスに掛かりにくくする品種改良が可能になると期待されている。

ウイルス撃退には特効薬が無い

現在は、植物のウイルスに対して有効な農薬などの特効薬が無い。
このため品種改良を行いウイルス耐性の強い種類を育成するのが、最も有効な手段であると考えられている。
今回の研究結果は、ウイルスにかかることで打撃を受ける農作物などのダメージ減少につながると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

農研機構HP
http://www.naro.affrc.go.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ