ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

HAPSモバイル、「HAWK30」の2度目のテストフライトに成功

成層圏から通信ネットワークを提供

2019年11月8日、HAPSモバイル株式会社(以下、HAPSモバイル)は、ソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「HAWK30(ホークサーティー)」(以下、同無人航空機)の2度目のテストフライト(以下、同テストフライト)に成功したと発表した。

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、成層圏に飛行させた航空機などの無人機体を通信基地局のように運用し、広域のエリアに通信サービスを提供できるHAPS(High Altitude Platform Station)事業を展開している。

このため、ソフトバンクの子会社であるHAPSモバイルは、地上約20キロメートルの成層圏で飛行させる成層圏通信プラットフォーム向けに同無人航空機を開発した。

今回のテストフライトの概要

同テストフライトは、NASA(National Aeronautics and Space Administration、アメリカ航空宇宙局)のアームストロング飛行研究センター(Armstrong Flight Research Center、以下、AFRC)において、2019年10月23日(米国太平洋時間)に実施された。

今回のテストフライトでは、前回よりも高度を上げ、約1時間30分の連続飛行実験を行い、飛行中における急旋回など、24項目以上のテストをパスしたとのこと。

さらに、飛行推進力のパフォーマンスなどについて、航空電子工学の観点による検証を進めるとともに、商用化を想定した滑走路への正確な着陸制御も実施し、成功した。

今後は、米国ハワイ州ラナイ島の成層圏空域でテストフライトを2019年度中に実施することを目指している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

HAPSモバイル プレスリリース
https://www.hapsmobile.com/ja/news/press/2019/20191108_01/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ