ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

富士通など、疾病による様々な歩き方の特徴を定量化するデジタル化技術を開発

患者の歩行を観察する際、定量的な特徴の把握や回復過程の記録などを支援

2019年9月18日、株式会社富士通研究所および富士通株式会社は、疾病の影響によって多様に発生する患者の歩き方の特徴を定量化する、歩行特徴デジタル化技術「FUJITSU KIDUKU Walking Engine(キヅク ウォーキングエンジン)」(以下、同技術)を開発したと発表した。
医療現場においては、筋骨格・脳神経・循環器系などの疾病の影響で歩行異常が現れることがあるため、患者の症状変化や回復状況を診るために、患者の歩き方の特徴を観察することが重要だ。
しかしながら、多岐に亘る疾病の重篤度合いや障害部位などによって、患者の歩行の特徴や影響の出方も大きく異なるため、理学療法士が観察するのと同等の情報をデジタル化し、高精度に定量化されていなかった。

歩行特徴デジタル化技術「FUJITSU KIDUKU Walking Engine」の概要

同技術は、ジャイロセンサーから発せられる信号波形を利用して、歩行する際に左右の足が動作する関係性や一歩ごとに動作が遷移する仕方などの動作法則に基づくモデルを活用し、特徴点をつけて意味づけする。
この結果、歩行動作のみの信号を判別したうえで、歩き方の違いに影響されることなく、踵が着地する際や爪先が地面から離れる際など、歩行時の動作の特徴点を認識し、歩幅やスイング時間などの歩き方の特徴を高精度に定量化できた。
同技術により、小刻み歩行・ぶん回し歩行・すり足歩行など9種類の歩行異常を含む様々な歩き方を評価した結果、複数の歩行特徴を高精度に算出できることを確認したとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/09/18.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ