ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

病院内の電波トラブル防止に役立つ、モニタリングシステムを開発

電波による医療機器の誤作動予防に役立つ

2019年9月2日、大成建設株式会社と学校法人埼玉医科大学は、医療機器の所在や電波状況を確認し、リアルタイムでモニタリングできるシステムの開発を発表した。

このシステムは、2018年に大成建設が開発した「T-Hospital Wireless Viewer」と呼ばれる電波を可視化できるシステムのアップグレード版である。

今回は、モニタリング機能を自動取得可能とし、医療機器の所在までもが把握できるようになっている。

医療機器が電波影響を受けると命にかかわる

現在の病院では、カルテの電子化や電波を利用した医療用機器の導入が進んでおり、治療などに役立てられている。

と同時に、スマホやタブレットなどの電子機器などの発する電波により、医療機器の誤動作などの電波トラブルが増えている。

この状況がさらに酷くなると、人工呼吸器や人工心臓などの生命維持装置にも影響を及ぼしかねない。

これらの問題に対応するため、病院内の電波を可視化し対策を取る必要がある。

システムはクラウドサーバとも連携可能

このシステムは、クラウドサーバに接続することが可能となっている。

看護師が運んでいる医療用機器に測定装置を取り付け、読み取った電波状況をクラウドサーバを介して、モニタリングすることができる。

仮に、電波状況の悪化や医療機器の誤動作などの不具合があった場合には、病院内のモニタに表示され、いち早く気づき対処につなげられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大成建設HPより
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190902_4691.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ