ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

再生医療分野における-150度以下の低温輸送システムの提供を開始

再生医療分野における細胞・医薬品が収納された容器内外の温度を管理して輸送

2019年7月3日、トッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)と岩谷産業株式会社(以下、岩谷産業)は、医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン(以下、同ガイドライン)に対応し、再生医療分野において利用できる新たな輸送温度管理システム(以下、同システム)の提供を開始すると発表した。

従来は、医薬品の保管、輸送条件を管理する基準がなかったが、厚生労働省は、医薬品の市場出荷後から医療機関・薬局への納品までの流通を一括して管理するため、2018年12月に同ガイドラインを公表した。

同ガイドラインは国際基準に準拠しており、流通経路の管理が保証され、医薬品の完全性が保持されるための手法を定めるとともに、偽造医薬品が正規流通経路へ流入するのを防止するための適切な手法を定めている。

輸送温度管理システムの概要

同システムは、岩谷産業が提供する、液化窒素を使用して-150度以下の環境を保つ「ドライシッパー(細胞輸送容器)」と、トッパンフォームズが開発した-196度まで計測可能な温度ロガーなどを利用し、細胞・医薬品が収納された容器内外の温度管理を可能にするものだ。

また、取得した温度や位置情報などのログデータは、スマートフォンなどでクラウド環境へアップロードされるため、遠隔地からでもリアルタイムに監視できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

トッパン・フォームズ ニュースリリース
https://www.toppan-f.co.jp/news/2019/0703.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ