ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

iPS細胞から、移植拒絶されない皮膚細胞を作製することに成功

iPS細胞で、他者間移植を可能に

2020年1月15日北海道大学は、iPS細胞から胸腺上皮細胞を作り出すことに成功したと発表した。
なお、この細胞は、免疫系を制御するものであり、他者への移植を可能とするものである。
これにより、iPS細胞を自分のみならず、他者にも提供できる可能性が出てきたことになる。

T細胞を作り出す細胞

この胸腺上皮細胞は、他者や外部からの細胞を敵とみなし攻撃するT細胞を作り出すが、結果として拒絶という形になって表れる。
胸腺に存在することで知られる細胞だが、iPS細胞から作り出すことが難しく、効率が低いことも問題となっていた。
今回は、胸腺が体の中で作られる際に必要な遺伝子であるFoxn1を、iPS細胞に導入することで、胸腺上皮細胞を効率よく作ることが可能となった。
なお、事前にこの細胞を他者に移植しておくと、iPS細胞に由来する皮膚の生存期間が延びることも確認されている。

iPS細胞は、他者に提供すると拒絶反応が起こる

iPS細胞は、自身の細胞から臓器を作り出せる再生医療の要とされている。
しかし、自分以外の他者に移植しようとすると、強い拒絶反応が出てしまい定着しない。
免疫機能を抑制することができるようになれば、自分以外のiPS細胞が利用可能になると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/01/ipsips.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS