ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東芝、テロ対策に最適な高性能電波イメージング技術を開発

公共スペースで通行を妨げない警備システム

2019年9月5日、株式会社東芝は、駅の改札や空港の保安検査場などにおいて、通行者の流れを止めることなく、衣服に隠れた危険物でも高精細に可視化できる電波イメージング技術(以下、同技術)を開発したと発表した。
不特定多数の人が集まる公共スペースにおいて、刃物・銃・爆発物を用いたテロや無差別殺人事件が世界各国で発生しているなか、監視カメラによる一般的なセキュリティ対策から、空港の保安検査場での検知器と検査員による高度なセキュリティ検査まで、さまざまな対策が行われている。
しかしながら、凶器を衣服の中に隠し持つ場合の検知は、監視カメラでは不可能で、高度なセキュリティ検査では、設備導入費用や人件費などのコスト面からさまざまな公共スペースに導入するのは困難だ。また、多くの人が利用する場所で通行の妨げとなる検査方法も難点がある。
このため、これらの課題に対処して、公共スペースにおいて不審者を検知して警備を支援する検査システムが求められていた。

電波イメージング技術の概要

同技術は、ミリ波が、衣服を透過する一方で、銃やナイフで使用される金属により反射され、爆薬などの粉体では吸収される性質を利用したもので、面状に配置したアンテナがミリ波レーダーによる反射信号を捉えて、高精細なイメージング画像を生成する。
なお、ミリ波とは、光に近い周波数帯の電波で直進性が非常に強く、雨・霧や雪などの耐環境性に優れ、ミリ波をセンサーとして応用したミリ波レーダーでは、対象物との距離・速度や角度を測定できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東芝 ニュースリリース
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1909_02.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ