ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

富士通が暗号化データ類推防止技術を開発

さらに安全性を強化した上で、暗号化したまま元データを照合可能

2019年10月16日株式会社富士通研究所は、データベースと検索内容を暗号化したまま照合できる秘匿検索技術を強化し、安全に照合可能とした技術を開発した。
この技術は、すでに利用されている技術をさらに強化したもので、登録数の検索から一致したものを抽出し、元データを類推する方法を防止するものである。
元データにダミーデータを追加することで、類推攪乱に成功している。

類推攪乱をグループごとに行う

例として、病院などで利用されている患者のデータを用いるが、病名、医薬品、血液型から絞り込みを行っていくと、特徴的な傾向が現れることとなり、元のデータがどのようなものであるかある程度の推測が可能となる。
新しい技術では、病名など項目ごとのグループそれぞれにダミーデータを入れていくが、各グループの要素数が均一になるように入れていくことで、同じ数のグループが複数存在することとなり推測を難しくすることができる。
これによりデータベースの秘匿安全性が確保されるわけである。

産業スパイを想定

この技術は主に医療分野に利用されているが、病院の診療データを基に製薬会社や大学での新薬などの研究開発に利用されている。
各企業など固有のパスワードを付与しているが、完全に中身が分からずともデータの数から推測が可能となる産業スパイの危険性が指摘されていた。
この技術により、安心して新薬開発が可能となると考えられる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通HP
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/16.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ