ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

小電力無線網を活用した河川水位観測システムの稼働検証を開始

台風や集中豪雨による小規模河川の氾濫被害が増加

2019年12月11日、NECプラットフォームズ株式会社と静岡日電ビジネス株式会社は、掛川市と共同で、小電力無線網を活用した河川水位観測を行い、観測結果をリアルタイムに市民へ情報提供する河川水位観測システム(以下、同システム)の稼働検証を開始すると発表した。
近年は、これまでにない規模の台風や集中豪雨によって、日本各地で小規模河川の氾濫被害が発生しており、河川水位のリアルタイムな状況把握と、住民への速やかな情報提供が求められている。
このようななか、同市は避難等を指示する際の判断材料として、気象情報とともに、河川の水位観測と情報提供の仕組みを構築するとしている。

河川水位観測システムの概要

同システムでは、IoT向けに有用な技術として注目されている無線技術LPWAを採用して、市内を広域にカバーする無線網を構築する。
また、誤データ除去フィルター機能を備え、日射・気圧・汚れなどに影響されない測定性能を有する水位センサー子局を使用して、市内複数の河川水位を観測する。
さらに、収集した観測データを、インターネットを通じてリアルタイムに一般公開するための環境を構築し、WEB画面上のマップから観測地点を選択して、現在の水位と水位の変化をグラフ化した情報を取得できるサイトを公開するとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NECプラットフォームズ株式会社 プレスリリース
https://www.necplatforms.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS