ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

体臭が目で見える技術を開発

皮膚ガスを利用し可視化に成功

2019年12月25日、東京医科歯科大学は、皮膚から放出蒸発される皮膚ガスを可視化することに成功したと発表した。

今回は、飲酒後におけるエタノールとアセトアルデヒドについて検知することを検証したが、体の中で最も発汗しにくい耳周辺での計測が可能となった。

発汗による揮発成分を可視化

今回の研究では、皮膚から放出される揮発性ガスを検知し、濃度分布を自動的に映し出せる「ガスイメージング装置(探嗅(たんきゅう)カメラ)」を開発した。

従来、アルコールを飲んだ後、呼気からアルコール臭を感じることはあるが、皮膚からどのように放出されているのかはあまり分からなかった。

今回は、手のひら、指、足裏、耳を対象として測定実験を行ったが、発汗が少なく測定が難しい耳周辺が、揮発性有機化合物(VOCs)測定に適した場所であることも解明された。

なお、放出ガスは、補酵素ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)依存型アルコール脱水素酵素(ADH)の触媒反応を用いたバイオ蛍光法を用いて、エタノールガス濃度分布をカメラで記録することが可能となっている。

医療機器などへの展開が期待される

今回は、アルコールと関連ガスについての検証であったが、今後は、体臭を検知できるように研究を進めていく。

この技術が応用され、体の代謝反応やがんなどの早期発見、さらには住環境でのシックハウス症候群の原因究明にも応用されることが期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京医科歯科大学
http://www.tmd.ac.jp/press-release/20191225_1/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ