ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

北海道大学が、ウイルス性脳炎の発症メカニズムを解明

ウエストナイルウイルス感染で、神経細胞が損傷する

2020年1月24日、北海道大学は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)やチェコ科学アカデミーなどと共同でウエストナイルウイルスにかかわる発症メカニズムを解明したと発表した。
ウエストナイルウイルスは、人間が持つ自己免疫作用を阻害抑制することで、細胞死や脳炎を形成することが確認された。
人間の免疫機能を抑え込んでいる事実が明らかになった形である。

多くのウイルスはオートファジーにより増殖が抑制される

通常、人間の体にウイルスが入ると、オートファジーとよばれる自己免疫作用により、増殖が阻害されるため発症しない。
しかし、ウエストナイルウイルスにおいては、そのオートファジーをも凌駕しウイルス感染した細胞を増やし発症、重症化へと進んでいくことが明らかとなった。
現在、このウイルス性脳炎に対しての、発生メカニズムや明確な治療方法が確立していないため、速やかな全容解明が急がれる。

蚊が媒介するウイルス

ウエストナイルウイルス脳炎は、蚊が媒介することで知られる感染症のひとつである。
日本でも、海外からの帰国者が感染している事例も見られるが、最悪の場合、重篤な脳炎を引き起こす。
今後は、オートファジー異常を引き起こす病気についても応用される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/200124_pr.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ