ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

VR内見サービスがスタート 瞬間接客VR

瞬間接客VR 運用開始

2019年6月17日、株式会社タカラレンタックスグループホールディングスは、株式会社スペースリー開発の「瞬間接客VR」というクラウドサービスを用いて、内見をVR空間で行っていくことを発表した。賃貸仲介店舗21店において、2019年6月17日から運用を開始している。

スペースリーが自信を持って提案する「瞬間接客VR」は、ワンクリックでVRと同期し、すぐに接客が始められるという、業界初の画期的な商品である。従来までのQRコードの読み込みなども必要ない。

客側のVR機器と、事業者側のPCなどのウェブブラウザ上で、管理画面から、VRコンテストの起動と同期が可能となっている。使用機器はOculus Go(オキュラスゴー)というVR最新機種だ。

店舗の中で360度内見可能

今までの内見で課題とされていたのは、遠隔地への接客の場合の情報共有と、複数の物件を内見する際の移動時間である。「瞬間接客VR」を使用することで、それらの問題は解消されるとタカラレンタックスグループは宣言する。

遠隔地の接客の場合は、遠隔接客機能を利用する。URLを送信すると、客側では、スマートフォンなどで室内画像を確認できることに加え、店舗側では店内モニターとVR画像の同期により、遠隔地にいながら、同じ映像を見て、物件について話し合うことが可能だ。

移動時間においては、そもそも物件へ足を運ぶ必要がなくなる。

VR内見 今後の展望

今後、タカラレンタックスグループのすべての物件情報をVR内見できるように展開していく予定で、賃貸住宅検索サイト「karilun (かりるん)」からもVR画像を確認できるように整備を進める。

特に、物件を決定するまでに時間がない急ぎの場合や、遠隔地への引っ越しが必要な場合には、大変魅力的なサービスだと自信をのぞかせる。VR内見は新たなスタンダードとなるのだろうか。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社タカラレンタックスグループホールディングス
http://www.trg.co.jp/news/post-214/

株式会社スペースリー
https://spacely.co.jp/

karilun (かりるん)
https://www.takarafudousan.co.jp

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ