J-GoodTech新規登録はこちら

富山県の伝統産業とのコラボ企画で非住宅市場向け「コンセプトモデル」ドアが完成

富山県の伝統産業とのコラボ企画で非住宅市場向け「コンセプトモデル」ドアが完成

銅器・漆器や組子など、多くの伝統産業が盛んな地域

2020年2月10日、大建工業株式会社は、富山伝統産業の技術の粋を結集し、ホテルなどの非住宅市場向け「コンセプトモデル」ドアが完成したと発表した。
同社は、2015年に策定した長期ビジョン「GP25(グロウプラン25)」において、公共・商業建築市場を最重点市場の一つとして掲げ、人々の暮らしに役立つ製品の開発・提案に努めている。
一方、富山県では、西部エリアの呉西地区を中心に、銅器・漆器や組子などをはじめとする、多くの伝統産業が盛んだ。
このようななか、同社は、伝統産業を営む複数の企業などとコラボレーションし、これまでにない新感覚のデザイン建材を非住宅市場向けに商品化する共同企画『越-etsu-プロジェクト』(以下、同プロジェクト)を、2019年5月に発足した。
また、同プロジェクトの試作品として、際立つ素材感と斬新なデザインを実現したホテル向け「コンセプトモデル」ドア(以下、同ドア)が完成した。

「越-etsu-プロジェクト」の取り組み

同プロジェクトの発足時には、鋳物製造の株式会社能作、金属素材発色の有限会社モメンタムファクトリーOriiが参画してスタートし、この後、彫金加飾の和田彫金工房、蒔絵・螺鈿の漆芸吉川や畳おもて織柄デザインの株式会社洛彩が加わって協業するプロジェクトとなった。
同プロジェクトでは、長く愛されるものづくり精神を社内に根付かせるとともに、日本の伝統技術を、ホテルなどの宿泊施設や公共商業建築分野向けの内装建材に生かすとともに、伝統産業の発展にも貢献することを目指している。

プロジェクトの試作品

同ドアには、金属素材の発色、組子細工や、鋳物の製造などの伝統技術が使用されている。その他にも、伝統工芸の技術を取り入れたレバーハンドルや、畳おもての新織柄も試作した。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大建工業株式会社 ニュースリリース
https://www.daiken.jp/news/detail/20200206170743.html

すべてカテゴリの最新記事