J-GoodTech新規登録はこちら

YKK、海洋プラスチックごみを主材料としたファスナーを開発

YKK、海洋プラスチックごみを主材料としたファスナーを開発

海洋生物の生態系にも影響を及ぼしている海洋プラスチックごみ

2020年1月16日、YKK株式会社は、海洋プラスチックごみを主材料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced」(以下、同ファスナー)を、2020年中に販売開始する予定であると発表した。
多くの鳥類、カメや魚類など、海洋生物の生態系にも影響を及ぼしている海洋プラスチックごみの多くが、陸上由来といわれている。
このようななか、同社は、スリランカの海岸線から50km以内で収集された海洋プラスチックごみを主材料とする樹脂製の同ファスナーを開発した。同ファスナーは、従来品と同等の強度・耐久性・機能性を維持しているとのこと。
なお、2020年1月26日~29日にドイツ ミュンヘンで開催される「ISPO Munich」と、2020年1月29日~31日にアメリカ デンバーで開催される「Outdoor Retailer+Snow Show」において、同ファスナーを参考出展する予定だ。

環境問題解決につながる商品開発に挑戦

同社は、1994年に再生ポリエステル樹脂ファスナー「NATULON」を発売し、2019年には『YKKグループ環境ビジョン2050「人と自然の未来をひらく」』を策定するなど、気候変動への対応・資源の活用・水の持続的利用・自然との共生などに取り組んでいる。
また、植物由来ポリエステル樹脂を主材料としたファスナー「GreenRise」、オーガニックコットンを使用したファスナー、染色工程で水をほとんど使用しない染色技術「ECO-DYE」など、サステナビリティに配慮し、環境問題の解決につながる商品開発を積極的に展開している。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

YKK株式会社 ニュースリリース
https://www.ykk.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事